2018.9.25 【ご注意】クラッシックシリーズ採用時のデザインについて

弊社のクラシックシリーズ採用時のデザインに関する注意事項

クラシックシリーズはドライプレスと呼ばれる成型方法によ作られます。作られたレンガを焼成し四枚の薄い板状に加工いたします。そのため、切断面から一部の成分が雨などにより流れ出すことがあります。

通常はレンガの壁としての経年変化と言えるものですが、壁面のデザインによっては汚れのように目立つ場合がありますので、以下の点にご留意ください。

  1. 目地モルタルはできるだけ濃色としてください。
  2. レンガの下には淡色の塗り壁などの仕上げ材の配置は避けてください。
レンガから流れ出た成分(酸化鉄)
下部の仕上げ材に流れ出た成分