防火認定

なぜ試験が必要なの?

建築基準法では、都市部に建てるほとんどの建物の外壁に「火災時に一定時間、構造躯体を保護できる性能(以下:防火性能)」を求めています。その性能は、実物大(3m×3m)の試験体を作り、試験設備のある試験場で要求性能に応じ、ISOで定められた加熱曲線に基づいて、荷重を掛けながら加熱して性能を評価します。その後、試験データを性能評価の専門家で構成する「評定委員会」で評価を受けた後、国土交通大臣に性能認定を申請し、認定番号を取得します。大臣認定番号があれば全国どこで住宅を建てる場合でも、その性能が一目瞭然で、建築確認申請手続きもスムーズにできます。

スライスレンガ 厚さ20mm 天然石 厚さ25mm
■認定日 平成17年8月8日 平成18年2月20日
■認定番号 PC030BE-0690 PC030BE-0725
■構造方法・材料 グラスウール充てん/れんが・構造用合板表張/せっこうボード裏張/木製枠組造外壁の性能評価 グラスウール充てん/天然石・構造用合板表張/せっこうボード裏張/木製枠組造外壁の性能評価
■性能評価の対象条文 建築基準法施行令第108条 (防火構造、外壁、耐力)
■試験年月日 平成17年4月21日、25日 平成17年10月24日、25日
■試験場 一般財団法人建材試験センター 中央試験場(埼玉県草加市)
■認定証(画像をクリックするとPDF形式の詳細な内容が表示されます) 防火認定 スライスレンガ 防火認定 天然石

 

スライスレンガ試験の様子
bouka_1 bouka_2 試験開始
試験前の試験体。
右奥が試験の燃焼窯です。
 試験体を窯に取り付けている様子。
温度測定のためにワイヤーが見えます。
試験開始。
点検窓から見た窯中の燃焼の様子。

 

20分を経過 試験終了、 冷却後の試験体
20分を経過すると、加熱された合板から煙が発生しています。 試験終了、試験体をはずしたところ。加熱が終了しても燃焼は続いています。 冷却後の試験体。煤で汚れていますが、レンガはなんともありません。

 

試験結果
スマート・ブリックの乾式レンガ工法は、高温で焼成した比較的厚い(25mm)レンガを使用しているので、防火性能は抜群です。グラフにあるように、30分経過後のレンガ裏面で400℃、室内側(ボード面)の温度は、70℃(気温+50℃)程度で、たて枠の「燃えしろ」と共に、十分な余裕があることが証明されました。内部温度試験結果グラフbig_grafu