施工のポイント

スマートブリックの工程と施工のポイントです。

スマートブリックの施工手順の概要や注意点などをまとめてあります。是非施工の特徴をご確認ください。

 

仕様・納め方の確認

  • レンガ・目地モルタルの色を確認する
  • 出隅納まりを確認する。(突き付けor出隅役物)
  • 開口部・胴差部の貼り方を確認する。(縦張りor立体張り)
  • 目地の施工方法を確認する。(目地押さえorラフブラシ仕上げ)

下地の確認

  • 透湿・防湿シートは隙間無く張られているか?
  • 通気用縦胴縁は@500以下でかつ、開口部・出隅・入隅に入っているか? (推奨胴縁サイズ45mm×15mm)
  • 開口部周りに防水テープは張られているか?
  • 換気ダクト・配管は壁面に出されているか?



スマートシート張

  • 水平墨を出し、下端にスターター(レール)を取り付ける
  • シートは横張とし、スターター下端から987mmを上部マークの上端とする。
  • シートは隙間なく張り、上のシートのマークと下のシートのマークを重ねる。
  • シートの左右の継ぎ手は上のシートを100mm以上重ねる。
  • 開口部などのシート端部は、防水テープなどで押える。



レール(金具)の取り付け

  • レールと印刷マークの上端を合わせ、釘またはビスでで胴縁に留め付ける。 (推奨釘、ステンレス製、スクリュ-またはリング釘で長さ32mm以上)
  • 張り始め(下部)・張り終わり(上部)には上下端用レールを使用する。
  • レールの端部・胴縁上部は必ず釘止めする。



ブリック(レンガ)の取り付け

  • レンガを出隅の下部から順にレールにはめ込む。
  • 開口部上下は、レンガを横目地にあわせカットする。
  • 色が偏らないようにレンガの色むらによって、位置を調整します。
  • たて目地は、レンガ割付によって幅を調整できます。




目地モルタルの充填

  • 調合済み目地モルタルに水を加え、撹拌する。
  • 気温・天候により一回の調合量を調整します。
  • モルタルバッグに目地材をつめ、押し出しながら目地を充填する。
  • 目地の乾燥を見ながら、押さえ・ブラシがけなどの仕上げをする。


清掃・完成point01

  • はみ出したモルタルはすぐにふき取る。
  • 目地が十分乾燥後、ブラシなどで清掃する。
  • モルタルのエフロがひどい場合は、希塩酸を使用して清掃する。
  • 酸を使用した場合は、真水でよく洗い流す。